防犯カメラは設置場所に注意


近頃、空き巣や車上荒らしといった犯罪が増え、防犯カメラを設置する人が増えています。

防犯カメラは、犯罪の抑止力になり、もし、残念ながら犯罪がおこってしまった時は、犯人の逮捕に繋がる大きな情報になります。家を空けることが多い人や、近隣で空き巣や車上荒らしの被害があった地域の人は、防犯カメラの導入を考えてみてはどうでしょう。防犯カメラを設置する際は、設置場所に注意が必要です。

個人の自宅では、外壁があるかないかで設置場所が違います。外壁があると空き巣に侵入されにくいと思っている人もいるようですが、一度、侵入されてしまうと、外から見えにくいことから被害が大きくなる傾向にあります。

外壁のある家では、外壁の外と中のどちらにも、防犯カメラを設置しておくことをオススメします。また、外壁のない家でも、道路側から見えない隣家との堺部分や、街灯の届かない部分にある駐車場は要注意です。店舗の場合は、店内にもトラブル時の対処という意味で防犯カメラを設置する人が多いようです。

防犯カメラの家庭用録画機マニュアル

防犯カメラの価格相場について

インバーターとは何か?

新着情報

Comments are closed.